So-net無料ブログ作成
検索選択

石原さとみゴチで過激画像 [女優]

けっこう口開きますね☆
IMG_2838.JPGIMG_2839.JPGIMG_2840.JPGIMG_2841.JPGIMG_2842.JPGIMG_2843.JPGIMG_2844.JPGIMG_2845.JPGIMG_2846.JPGIMG_2847.jpgIMG_2848.JPGIMG_2849.JPGIMG_2850.JPGIMG_2851.jpgIMG_2852.JPGIMG_2853.JPGIMG_2854.JPGIMG_2855.JPGIMG_2856.JPG

宮崎あおいの鼻を比較すると、比較しなければ良かったと思うようになります! [女優]

三月七日の夜、日本テレビ系で日本アカデミー賞の授賞式の模様が放送されました。
その席での宮崎あおいの鼻骨が、
以前と比較すると、細くなりすぎているような気を覚えた方が多数いたようです。

現在の日本は、小顔至上主義である。
顔が小さければそれだけで羨ましがられ、格好良いとされる。

鼻骨もある種、小顔と似たような考え方があり、
ぷっくり広がっているよりは、
きゅっと締まっている方がカッコいいみたいな傾向はある。

だが何事も行き過ぎは良くない。
小顔が良いとはいえ、
膝の皿より顔が小さい人間がいたら、嘔吐の対象となるだろう。

画像をしっかりと見て比較検証してみる。

2011122323393916f.jpg
メガネでシャッターチャンスを伺う画像。
おそらく一番若い頃のものだと思われる。

ごく自然な鼻と感じる。
可愛らしい。
これぞ私の中の宮崎あおいである。

まあ、人はいつまでも若くはあり得ない生き物なのだから、
永久に若い宮崎あおいを求める行為は、本人にとったら酷でござりますね。







20120423_1048490.jpg

徐々にメイクで、「立体感」を出そうとしているような臭いがしますね。

やはり美人渦めく芸能界に立っていると、
若干、鼻の低い自分が気になってしまうのでしょうか。
十分可愛いのに、という言葉も
本人にとっては、実際は何の慰めにもならなかったのかもしれませんね。












09ddcb88672a5afe93e091b93830c656_6144.jpeg

そして今回の日本アカデミー賞である。
こうして見ると、まだ全然可愛いのだ。
それだけに残念だ……

鼻筋は細く、小鼻も比較すると、小さく見える。
そのため、ネットの住民たちの間では
彼女の「鼻整形」を疑う声がぽこぽこ飛び出ている。

「鼻呼吸できてるの?」
「見てるだけで息苦しい!」
「シンクロナイズドスイミングか!」
など散々である。

私に言わせれば、最後の言葉は長過ぎるので「シンクロか!」で十分だと思う。

それはさておき、近年の形成技術の進歩によって、
人間の顔の印象を、とてつもなく変化させることも大して困難ではなくなってきている。

ヒアルロン酸を注入すれば、
鼻先を高くしたり、アゴ先を出して輪郭をシャープにしたり可能なのだそうだ。

私は専門家ではないので、
この画像から、これが形成技術を用いた結果なのか、
メイクによる効果が、ちょっと行き過ぎてしまったのか、
判別は付かないが、

もっと自然に見える彼女を応援したい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。